こんにちは、

です。

”不登校”は文字どおり、“学校に行っていない”状態を指す言葉です。

“不登校問題”“不登校支援”という言葉があるように、不登校=悪い、不登校=弱いといったイメージがあるようです。

でも、本当にそうなのでしょうか?“行かない”“行けない”のは、単に“合わない”だけでは?

学びの形がもっと選べれば、“不登校問題”“不登校支援”という言葉はいらなくなるのでは?

そんな思いから、ここでは“不登校”を“タウンスクーラー”ととらえなおす提案をしていきます!

不登校→タウンスクーラーと呼び変え、学校に行かなくても

住んでいる町(タウン)に居場所を見つけ、そこで学ぶことを促進する活動です。

現在の日本にも、ホームスクーリング(家で学ぶ)やフリースクーリング(フリースクールで学ぶ)を実践している親子がごく少数ですが存在します。

そんな親子に倣って、わが子の“不登校問題”を大胆に置き換えてみませんか?

最初から主体的選択でなくてもかまいません。図らずも不登校になってしまった、

学校不適応状態になってしまった子を、無理に学校に戻そうとするのではなく、

週に1日か2日、住んでいる町に受け入れてもらいましょう。

社会の場、仕事の場で雑用をこなしながらすごすことは、

合わない学びの場へイヤイヤ行くよりも、何百倍の学びになります。

 
 

Facebook

​Q

義務教育なのに大丈夫?  

​A

義務教育の「義務」は、子どもが学校へいく義務ではありません。「子どもに教育を受けさせる義務」で、保護者に課せられているものです。子どもには義務ではなく、権利が付与されていて、例えば家計のために働かされたりしないで、適切に教育を受ける...

もっと読む

​Q

進級、卒業は大丈夫?

​A

日本の義務教育制度は、ある意味とても「柔軟」で、たとえ一日も学校へ行っていなくても、次の学年に進級できますし、小学6年生なら卒業して中学へすすみます。学校教育法で、出席日数や学力により進級・卒業できないという決まりがないからです...

もっと読む

​Q

学校にはどう説明すればいい?

​A

こういうところで職場体験的に学ばせてもらっています!と堂々と伝えればいいです。

とまどう教師も多いかもしれませんが、根気よくできるだけオープンに説明できるといいですね。ただ、なかなか理解してもら…

もっと読む
 
 

​1

まずはお問い合わせ

​2

個別相談

3

居住地の近く、あるいは通いやすい事業所を探し、マッチング

4

スタッフとともに事業所訪問、顔合わせ、

通所計画(週に何日、何曜日、何ヶ月など)相談

5

通所開始時、通所中、ちょっと通えなくなった…

いつでもフォローします

※タウンスクーリング についてのお問い合わせは

 

臨床心理士 よこちかよこ

愛知県、岐阜県の公立小中学校でスクールカウンセラーとして勤務し、10年目。どの学校にも必ずいる「不登校」の支援に携わりながら、学校とは・・教育とは・・という疑問に向き合う。

公教育の枠におさまらないフリースクールの活動にも触れ、学び方を選べない日本の学校教育に根本的な問題意識を持つ。

 

そんな中、自身の第1子も小学校が辛い状態になり、本格的に学校外の学びの可能性を模索し始め、平成30年度より、学校にとらわれず、多様な学び方・育ち方・生き方を肯定するための情報発信を柱に“タウンスクーリング”活動をはじめる。

インターネットラジオゆめのたね放送局 にゲスト出演しました。よかったら聞いてみてください!
​後編
​前編